臨時休業日のお知らせ

RSS

榧の木とは

榧の木の特徴

榧(かや)は、イチイ科の常緑針葉高木で、世界に7種存在します。中国に4種、アメリカに2種、そして日本に1種。日本国内では、岩手県、山形県以南の本州、四国、九州の山野に分布しています。

榧の寿命は1000年にも及び、高さ25m、直径2m程度にまで育ちます。成長スピードは極めて遅く、碁盤づくりに適した直径1.1mほどの大きさになるには300年以上の歳月を必要とします。

榧の材木はきめが細かく、やや重厚で弾力があり、緻密で美しい木目があらわれます。色合いは光沢のある淡黄色で、特有の芳香を放ちます。

また、耐久性・耐水性にも優れ、建築材や船舶、風呂桶など幅広く使われていましたが、現在では榧材の生産量が非常に少なく、そのような用途で用いられることはなくなりました。

榧の木

榧の利用例

碁盤・将棋盤の最高峰として愛されています

本榧は優れた打ち味、木肌の美しさ、特有の香気など、囲碁・将棋の盤材として極めて優れた特徴を持ち合わせ、古くから愛好家に最高級品として賞用されています。油分が多く、いつまでも色ツヤを失うことのない本榧碁盤・将棋盤は、使い込むほどに渋い飴色の光沢を放ち、風合いを増していきます。

榧の碁盤・将棋盤


まな板や彫刻材にも最適です

耐久性・耐水性に優れる榧は、過去には建築材・器具材・船舶材・風呂桶などに用いられていました。その他にも、木目や木肌の美しさと加工のしやすさを活かし、彫刻や細工などの工芸材として今も珍重されており、古い仏像には榧で作られたものも多くあります。また、適度な堅さと弾力は刃当たりが抜群で、まな板も大変ご好評をいただいております。

榧のまな板


榧油は高級食用油やお手入れ用植物油に

榧の実からとれる良質な油は、過去には食用・頭髪油・灯火用として用いられていました。殊に、食用油は高級天ぷら油として使われてきた歴史があり、大正時代の植物事典「大植物図鑑」には「本邦植物油中最上なるもの」と記載されています。当店では自社で育てた榧の実から油を搾り、食用油や棋具のお手入れ用の榧油を製造・販売しています。

榧の油

希少な幻の銘木

榧は、ヒノキやスギに比べ成長に数倍の時間がかかり、伐採から製品になるまでにも15年ほどと莫大な時間がかかることはもちろん、苗木の小さい間は獣害対策や雑草の下刈りなど非常に手間がかかるため、植林されることはほとんどありません。

現在、日本の榧は一山に一本と言われるほどに少なくなっており、事実上絶滅状態にあります。中国産の榧も90年代後半より輸出が禁止され、榧の原木が木材市場に入荷することはほとんどなくなり、幻の木と言われるようになりました。

榧原木
榧(かや)原木

榧材
備蓄されている榧材の一部

当社は40年以上前から榧に惚れ込み蓄えてきたことで、この比類なき榧を国内で最も多く所有し、乾燥法・製造法にも精通するオンリーワン企業です。

美しい木目と木肌、特有の香気、ほどよい弾力、耐久性など様々な特徴を持つ榧の魅力を皆様に感じていただきたいという想いから、碁盤・将棋盤以外にも、まな板やお箸などの新しい商品の開発に取り組むとともに、限りある榧を後世に残すため、300年先を夢みて「榧の森づくり」を行っています。

榧の森づくり

300年先、榧の森を夢見て。

榧(かや)に惚れ込み40年。

榧(かや)への取り組みは、囲碁好きが高じて、40数年前より碁盤を集めだしたのがきっかけです。
独特の香り、光沢があり、きめ細かく美しい木目。碁盤や将棋盤の最高級品である榧に惚れ込み、国内外から榧の原木を買い集めては、早朝から深夜まで碁盤作りに没頭することもありました。

榧を碁盤にするには乾燥に10年は必要で、割れたり反ったりしないように何度も何度も繰り返し作業することで榧への愛着がますます深まるなか、榧の木が日本では絶滅に近い状態であることを知り、榧の森をつくろうと決意しました。

榧の木

囲碁好きが講じて

榧の植林

種から研究を重ね、切り拓き、榧の苗木を植樹

種から苗木を育てる研究を重ね、榧の育ちやすい涼しい場所を探し、人の手がかけられなくなった荒れた土地を一から整備し、四国の山々に約30万本以上の榧を植えてきました。(※2016年時点)

しかし、山に残っているのは3割ほど。
除草しないと草に負けてしまう、夏の暑さにも弱く、若木はシカやイノシシやウサギが食べてしまう・・・。
そして、一人前の立派な榧の木になるには300年と生長が遅く、大変な労力と時間がかかります。

だからこそ、榧がかわいくて仕方がありません。
一生懸命育てた榧の木が、300年先に榧の森になると思うと幸せなのです。


榧の実榧の葉 前川夫妻

榧の実を活かそうと試みています。

榧の実

榧の実から採れる油は良質な食用油、頭髪油、灯火用油として広く用いられてきました。
江戸時代、徳川家康が賞味と賞賛した榧の天ぷら油は、現在でも高級料理店などで利用しているところもあります。
また、榧の油から香る柑橘類のようなさわやかな芳香も特有で魅力的です。

今はまだ採れる榧の実の量も少なく、手作業のため大変な労力を必要としていますが、榧の木の成長とともに量も増え、将来的にお客様に喜んでいただけるような活用ができるようになればと考えています。

榧の実拾い

ネットを敷いて実が拾いやすくなりました。

榧の森を育て、守り続けていきます。

榧の森づくり

榧の森づくりギャラリー