RSS

榧の森づくり

三百年先、榧の森を夢見て。

榧(かや)に惚れ込み40年。

榧(かや)への取り組みは、囲碁好きが高じて、40数年前より碁盤を集めだしたのがきっかけです。
独特の香り、光沢があり、きめ細かく美しい木目。碁盤や将棋盤の最高級品である榧に惚れ込み、国内外から榧の原木を買い集めては、早朝から深夜まで碁盤作りに没頭することもありました。

榧を碁盤にするには乾燥に10年は必要で、割れたり反ったりしないように何度も何度も繰り返し作業することで榧への愛着がますます深まるなか、榧の木が日本では絶滅に近い状態であることを知り、榧の森をつくろうと決意しました。

榧の木

囲碁好きが講じて

榧の植林

種から研究を重ね、切り拓き、榧の苗木を植樹

種から苗木を育てる研究を重ね、榧の育ちやすい涼しい場所を探し、人の手がかけられなくなった荒れた土地を一から整備し、四国の山々に約30万本以上の榧を植えてきました。(※2016年時点)

しかし、残っているのは3割ほど。
この榧という木、加工もさることながら、育てることに大変な労力と時間がかかります。
草引きをしないとすぐ枯れる、夏の暑さにもすぐ負けてしまう、若木の時にはシカやイノシシが食べてしまう・・・。
そして立派な木になるには300年以上もかかります。

榧の森を完成させるのに問題は山積していますが、それでも私たちは榧を植え続けます。
300年先、榧の森を夢みて。


榧の実榧の葉 前川夫妻

榧の実を活かそうと試みています。

榧の実

榧の実から採れる油は良質な食用油、頭髪油、灯火用油として広く用いられてきました。
江戸時代、徳川家康が賞味と賞賛した榧の天ぷら油は、現在でも高級料理店などで利用しているところもあります。
また、榧の油から香る柑橘類のようなさわやかな芳香も特有で魅力的です。

今はまだ採れる榧の実の量も少なく、手作業のため大変な労力を必要としていますが、榧の木の成長とともに量も増え、将来的にお客様に喜んでいただけるような活用ができるようになればと考えています。

榧の実拾い

ネットを敷いて実が拾いやすくなりました。

榧の森を育て、守り続けていきます。

榧の森づくり

榧の森づくりギャラリー