RSS

碁盤・将棋盤の各部名称

碁盤・将棋盤の面の名称

碁盤・将棋盤ともに各面を下記のように呼びます。木口は対局の際に正面となる面で年輪が見えます。横の面は木端と言いますが、当店ではわかりやすいように側面と表記しております。

碁盤

碁盤の裏面

碁盤の盤面の名称

正式な碁盤は、縦横19本ずつの線が引かれた19路盤というもので、交点は361点です。盤面には「星(ほし)」と呼ぶ9つの黒点があり、中央の星のことを「天元(てんげん)」といいます。また盤面の場所には呼び名があり、角周辺のことを「隅」、端周辺のことを「辺」、真ん中周辺のことを「中央」と呼びます。

碁盤の盤面

ページトップへ