RSS

囲碁・将棋用品のお手入れ方法

棋具全般に共通するお手入れとご注意

基本的なお手入れ方法

対局の前に手を洗い、きれいな手で使用するのが棋具を良好な状態に保つ秘訣です。
使用後は木綿などの毛羽の付かない柔らかい布でやさしく乾拭きし、日ごろからほこりや汚れを残さないことが好ましいです。

保管方法

直射日光の当たる場所、ストーブや冷暖房器具の近く、風の吹き抜ける場所など、温度や湿度の変化が激しい場所では割れや反り、日焼けなどが起こりやすいため、それらの場所を避けて保管してください。

ご注意ください

天然木の棋具を水で濡らした布で拭くのは厳禁です。水気が付いた時はすぐに拭き取ってください。
湿気の多い場所での保管はカビやシミの原因となりますので避けてください。普段湿気の多くない場所でも、梅雨時や湿気の多い時にしまいこんでおくと湿気が付着することがありますので、時々乾拭きをして表面の湿気を拭き取ってください。

本榧碁盤・将棋盤のお手入れ

基本的なお手入れ方法

当店の本榧碁盤・将棋盤は蝋仕上げのため、日ごろは柔らかい布で乾拭きしていただくだけで十分です。横面・裏面はなるべく無頓着に、ほこりを取る程度にやさしく、蝋が取れるほど強くこすってはいけません。

植物油を使ったお手入れ

天面にツヤがなくなってきたり、汚れがひどくなってきた時は、榧オイルや椿油などの植物油を使用します。きれいな綿布に植物油を少量ずつ含ませ、天面にまんべんなく塗ります。余分な油残りは汚れやほこりの付着につながりますので、乾拭きできれいに拭き取ってください。ツヤが出るとともに天面の保護になります。植物油で拭くのは天面のみに限ります。

保管方法

棋具全般共通の保管方法に加え、日ごろから盤を汚したり、キズがつかないように、桐覆いや献上箱をかぶせて大切に保管することをおすすめします。ほこりの付着や不意の衝撃から守るとともに、湿気を調整し割れや反りを防ぐ効果があります。

また、長期保管していると表面に蝋の白い粉が浮き出てくることがあります。そのままご使用になると碁石や駒が汚れてしまいますので、やさしく乾拭きして拭き取ってください。

碁石・碁笥のお手入れ

本蛤碁石(白石)のお手入れ

使用後は布で1つずつ乾拭きし、日ごろからお手入れすることが好ましいです。
汚れが気になる場合は水に少量の中性洗剤を入れて洗い、水で流したあと、ザルなどに入れて風通しのよい場所で乾燥させてください。よく乾いたら一つずつ乾拭きしてください。

那智黒石(黒石)のお手入れ

ご購入時、那智黒石には表面の乾燥防止のためツヤ出し油が多めについていますので、油分を軽く拭き取ってからご使用ください。油は乾燥し白っぽくなっている場合もあります。
ツヤがなくなってきたら、植物油をひと吹きした布で拭くとツヤがよみがえります。ただし付けすぎにはご注意ください。

碁笥のお手入れ

日ごろのお手入れは柔らかい布で乾拭きしていただくだけで十分です。

将棋駒・駒箱・駒台のお手入れ

将棋駒のお手入れ

将棋駒(特にツゲ)を最初にお使いになる前に、榧オイルをひと吹きした布で磨いておくと駒に汚れがつきにくくなります。余分な油分は乾いた布できれいに拭き取ってください。その後も半年に一度くらいの頻度で同様に磨いてあげてください。
ただし彫埋駒・盛上駒は、基本的に油を付けないようにしてください。
使用後は布で1つずつやさしく乾拭きし、日ごろからお手入れすることが好ましいです。

駒箱・駒台のお手入れ

日ごろのお手入れは柔らかい布で乾拭きしていただくだけで十分です。

ページトップへ